暴風の中で富士山を登山!登山から学ぶリーダーの考え方

どうも、松浦です!

image

先日、富士山に行きました!



日本一の山ということで、

一生に一度は登りたいというのが動機です。



そこで感じたことを仕事目線も交えながら、

書いていきたいと思います。



今回は富士宮口からの登山です。



世界遺産にもなり観光地化されたイメージの富士山ですが、

標高は3776mなので装備はキチンとしておかないと、

大変な目に合ってしまいます。



だけど辺りを見渡すとあきらかに軽装な人や、

晴れなら大丈夫だけど雨が降ったら乾きにくいコットン系のインナーで揃えている人。



気温が下がらなかったり雨が降らなければなんとかなるんでしょうけど、

ありもので揃えてしまうと汗や水で体温が奪われてしまいます。



最低でも乾きの早いスポーツウエアは必須かなと。



最悪の場合を想定して装備も心も準備しておくことは大切です!



このブログでも書くことがありますが、

「最高のパターンと最悪のパターンを想像しておく」と、

想定外が少ないので慌てずに対処できるんですよね。



これが出来ていない人が結構多いと改めて実感。



なので、あなたは何か新しい事や大きなことを取組むときには、

必ず両方のパターンを想定してくださいね。



だけど心配し過ぎて荷物が多くなって、

体力が奪われるのも考えものなので何にしてもバランスですね。



で、登り始めたころは風もなく穏やかな状況だったんですが、

6合目の山小屋で仮眠して出発するころには、

上の方で風速20mという情報が。。。



うーん。。。困ったなと。



風速20mと言ったら台風のような風ということなんで、

ちょっとビビりましたね。



個人で来ている方は頂上を目指して登っている状況だったので、

私も6合目の山小屋を深夜12時に出発しました。

image

本来なら登山を中止する判断をしてもよいぐらいなんでしょうが、

「ここまで来て登らず帰れない・・・」

「次はいつ来れるか分からないし・・・」

そんな気持ちが登山に向かわせました。



決断するってメリットもデメリットもあるので、

簡単にはできないですけど、

人生は決断の連続だなと改めて思います。



無事に帰れてるので結果オーライですけど、

万が一ということもあるので、

強風の場合は中止することも必要かと思います。




実際、上に行けばいくほど風が強いし霧もでてきたりしたので、

過酷な状況でしたしね。



あと、過酷だった理由の1つに結構早いペースで登っていたこともあります。



ガイドさんと一緒だと7時間ぐらい掛けて登るんですが、

私達(2人)は9.5合まで3時間で登っていたので、

8合目を過ぎたぐらいからさすがに体が重くなってきました。

image

高山病まではなっていないと思うんですが、

体が酸素不足になっていたんだと思います。



酸素缶を持っていたので吸引しましたが、

効果は感じれず・・・



効く人には凄く効くらしいのですが、

残念ながら私には効果なく。。。



だけど、なんとか9.5合まで辿り着いたのですが、

頂上を見ると更に風が強く急に濃い霧が立ち込めて荒れ狂ってる感じ。

image

ここまでは何とかこれたけど、

さすがに身の危険を感じました。



「ここまで来たのに諦めていいのか・・・」

「あと0.5合で頂上じゃないか!!」

「ここで止めたら後悔しないか」

そんな心の中での葛藤があったのですが、

最終的に下山を決意しました。



やっぱり、自分の身は守らないといけませんからね。



ほんと苦渋の決断だったのですが、

この決断に今でも後悔はしていないので、

これで良かったのかなと。



あとで頂上に行った人の話を聞いたのですが、

相当怖かったようです。



風も強く視界がほぼ無い上に道もきつかったようで、

知らず知らずの内にコースを外れてしまったりと、

命の危険を感じたと言っていました。



その人は頂上まで行った満足感より、

怖かったという思いの方が強いと言っていました。



そんなこんなで下山をしたのですが、

登りはそこまで滑ることはないんですけど、

下山の時は足場が悪いので何度もこけてしまい、

吉本新喜劇なみに派手に転んでました笑

image

7合目ぐらいまで降りると天候も穏やかで、

キレイなご来光を見ることもでき良かったです!

image

普通に登るより大変でしたが、

アクシデントがあると思い出も10倍になるなと思いました。



人生も同じで山あり谷ありで、

楽で楽しかったことより辛く大変だったことを乗り越えた記憶の方が、

あとになれば良い思い出として記憶に残っていますしね。



そう思うと何でも乗り越えていけそうな気がしますよね!



さて長々と書きましたが、

そろそろまとめたいと思います。



人生は冒険だ!



以上です笑



~まとめ~

山を舐めて掛かったらいけません。

ほんといつ状況が変わるか分かりませんから。

仕事にしても、しっかり準備や想定をした上で事に望みましょう。

そして、人生は決断の連続です。

リーダーにとって、時には勇気を持って引き返すことも立派な決断です。




~編集後記~

なかなかハードの登山でした。

自然から学べることは多いですね。

頂上まで行けれなかったけど、

これは今後の楽しみにしておきたいと思います!

登山の次の日は伊勢神宮に行ってきたので、

きっと良いオーラに包まれているはず笑

伊勢も初めてだったので、「一生に一度は伊勢参り」も

無事に達成できました!

さて次はどこに行こうかな。


image












 

暴風の中で富士山を登山!登山から学ぶリーダーの考え方