会社が倒産するのは誰のせいか?

どうも、松浦です!

倒産

経営者にとって一番のリスクは倒産ですよね。


売上が落ちていき借金も膨らみ・・・

ついには・・・



もちろん、経営者も人間です。




できるだけ責任は負いたくない。



多くの方が常にリスクヘッジをしながら、

経営をしていきたいと思っています。



経営をしていく中で切っても切り離せないのが「人」です。



組織が大きくなってくると雇用を増やすようになります。



ただ、雇用するということは固定費が増えるとともに、

本人や家族の人生まで抱えているということです。



ある経営者の方が言ってました。



「最近、急に売上が下がって危機的な状況になったらと考えると、

自分の家族や社員が路頭に迷う夢を見てしまうんです。」




これはこの経営者の方だけでなく多くの方が思っている本音なんです。



もしかしたら、あなたも同じように考えているかもしれませんね。



それだけの重責をになっているのが経営者なのです。



中には社員のことはどうでもよくて、

自分のことしか考えていない方もいらっしゃいますけど。



もちろん、この想像が現実にならない努力はされているはずです。



だけど、思いも虚しく現実になる方もいらっしゃいます。



そうなった時に責任は誰にあるのかということですが、

大半は・・・いや、ほとんどが経営者の責任となるでしょう。



「社員が無能だったから倒産したんだ」、

と周囲に話しても、

その社員を雇用し続けたのは

「あなたでしょ?」と思われるでしょう。




しかし、本当に責任は経営者だけにあるのでしょうか?



誤解を恐れず言うと、

社員にも一部の責任はあるはずです。



仕事は一人でするものではなく、

そこで働くスタッフみんなの力が必要なわけです。



もちろん大きな経営判断は経営者ですが、

実際に実行していくのは大半が社員の仕事です。



その行動の積み重ねや結果が利益となる訳です。



社員も全てを経営者任せにしてしまい、

会社のグチばかり言っている間に倒産なんてことになれば、

自分の人生にも大きく影響してしまうのです。




かといって従業員任せでもおかしいですしね。



経営者、社員が良い意味でフラットな状態で、

意見が活発にでる組織がのぞましいのではないでしょうか。



お互いが当事者意識を持つことで組織は活性化します。



そして、一番大切なのは経営者自身が常に自分を高める努力をすることです。



~まとめ~

どちらかにだけ責任があるではなく、

どちらにも立場に応じた責任があります。

それぞれの立場で責任を持って、

仕事ができる環境作りが大切です。



~編集後記~

日がだんだんと短くなってきましたね。

あと1か月もすれば秋を感じさせるんだろうな。

一年ってホント早いなと感じる今日この頃。

 

 

 

会社が倒産するのは誰のせいか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です