怒りっぽい人の考え方とは?

どうも、松浦です!

image

もしかして、あなたは怒りやすい人ではないですか?



経営者や店長などを務めるリーダーの方は、

割と気が短い方が多いと思います。



自分の思っているように物事が進まないことに、

ついついイライラしてしまいがちです。



そもそもどうして腹が立ってしまうのでしょうか?



それにポイントがあります。



怒りっぽいと思ってない、

あなたも要チェックですよ!




ちなみに私達は何に怒りを感じているのでしょうか。



誰か、出来事、何か。



何が原因なのかというと・・・



実は、

「あなたの譲れない価値観」なのです。



具体的に言うと、

「〇〇であるべき」という価値観です。




この「べき」というのが原因になっています。



怒りは自分の理想や期待が裏切られた時にでてきます。



この「べき」は人それぞれ違います。



育った環境や経験を通して積み重なったものが、

あなたの価値観になっているからです。



待ち合わせの5分前に来るべき。

メールはすぐに返すべき。

お金は貯金すべき。

教えたことは一度で理解すべき。



などなど。



さまざまな「べき」を人それぞれもっているのです。



もうお分かりだと思いますが、

怒りの感情は相手の言動に左右されるのではなく、

あなたの価値観によって発生しているのです。



だから相手が同じ言動をしても受け手によって反応が違うのです。



あなたはどんな「べき」を価値観にしていますか?



私は昔からイライラすることが多かったと思います。



部下に対しても自分の「べき」を押してつけてしまい、

結果として自分自身がストレスを感じてしまっていました。



部下にとっては悪気がなくても、

私にとっては、

「なんで、こんなことに時間かけるの??」

「普通に考えたらありえない」

「どうやったら、こんな考えになるの?」



そんなことがいつも頭の中にあるので、

いつの間にか仕事を任せるのではなく、

自分でやる仕事が増えていきました。



そうなると返る時間も遅くなります。



でも、部下はサッサと帰ろうとします。



それにまた「イライラ」してしまうという悪循環。



こんな状況にならないためにも、

まずは自分が何にこだわっているかを知りましょう。



そして本当にこだわらないといけないことなのかを考え、

許容できる範囲がどこまでなのかを決めてみて下さい。



5分前までに集合すべきという価値観があなたにとって、

OKゾーンだとします。




では2分前までなら許せないのか?



もしイラッとはするけど許せるなら許容ゾーン。



ぴったりに来た場合はイライラするから、

「時間に余裕を持って行動するように」

と伝えると決めてみましょう。



そうすると自分の価値観だけにこだわることなく、

相手に歩みよることにもなっていきます。



人はみんな価値観が違います。



それを自分の価値観に合わせさせようとすると、

ギクシャクしてしまい、

最終的にはケンカになり収拾がつかないなんてことも。




あなたはどんな価値観をもっていますか?



ぜひ、自分が楽になるためにも考えてみてくださいね!



~まとめ~

怒りは相手からもたらされるのではなく、

あなたの「べき」という価値観から発生しているのです。




~編集後記~

昨日はカープの応援をしにマツダスタジアムにいきました!

実は市民球場の頃は行っていたんですが、

マツダスタジアムに行くのは初めて笑

友人達から「えっ?そんな奴がおるん?!」

と冷ややかな言葉が笑

試合はもちろんカープの勝利です!

 

怒りっぽい人の考え方とは?