新人を職場に迎い入れるタイミングで行う2つのポイントとは?

どうも、松浦です!

ウエルカムボード

新人が新しく入社した日の対応はどのようにしていますか?



新卒であれば入社式がありますが、

中途の入社であれば、

朝礼で紹介して自己紹介してもらっておしまい。



こんな感じが多いのではないでしょうか?



受け入れる側も入社する側も、

緊張感というか恐る恐るとうか、

なんかぎこちない空気が漂っていますよね。



特に新人として新しい職場に入るのは、

とても不安なことなのです。



「仕事は上手くできるだろうか・・・」

「職場に馴染めるだろうか・・・」

「嫌な人がいなければいいけど・・・」

「早く仕事を覚えないと・・・」



と、こんな気持ちを抱いているので、

緊張感が半端ないのです。



仕事の能力が高い人だろうと職場が変われば、

人間関係、仕事のやり方などは少しづつ馴染んでいくしかありません。



特に人間関係はどうにか早く築いていきたいとこだと思います。



コミュニケーションが上手くとれれば、

仕事も早く覚えられるし、

自分の能力も発揮しやすくなります。



もしあなたが同じ立場になったら、

きっとコミュニケーションをとって仕事をやり易くしたいと、

思うはずです。



最初に一番困るのが、

名前が分からない、覚えられないというのがあります。



自己紹介をしたとしても、

何人もの名前を一瞬で完璧に覚えられる人は稀です。



名札などをつけていない場合は、

まずはお互いの名前が分かるように、

スタッフ名のリストを渡してあげましょう。



そして何の仕事を担当しているのか、

席はどこなのかなど、

特徴などを伝えてあげることによって、

覚えやすくなり話しかけやすくなります。



このような小さな配慮をするだけでも、

職場の空気やコミュニケーションが変わってきます。



もう1つは歓迎していることを分かりやすく伝えることです。



例えば、

沖縄などのリゾートホテルに泊まると、

「ウエルカム ドリンク」や「ウエルカム メッセージ」

を受けることがありますよね。



その目的は、

「お待ちしてましたよ」

「来てくれて嬉しいですよ」

そんな気持ちを行動で示している訳です。



それを応用してみてはいかがでしょうか?



朝礼の時に乾杯をしたり、

スタッフからの寄せ書きを書いたメッセージを渡すなど。



こんな対応をされたらビックリしますよね。



そんなことをされるなんて思っていませんからね笑



サプライズプレゼントです!



このように出迎えてくれた経営者やリーダー、スタッフに対して、

どんな気持ちになるでしょうか?



きっと、不安も和らぎ頑張ろう!と思えるのではないでしょうか。



こうして歓迎されたスタッフは人に対して感謝の気持ちや、

人に喜んでもらう気持ちも育っていくのです。



お客様、仲間、取引先、家族、友人など。



多くの人に良い影響がもたらされます。



そういう気持ちを持つスタッフだから、

リピーターを増やすこともできるのです。



ぜひ、あなたの職場でも新人が少しでも早く活躍する為に、

環境を作っていきましょうね!



~まとめ~

新人は不安でいっぱいです。

まずはコミュニケーションを取りやすくする為に、

スタッフ全員の名前や担当、席などをリストにして渡しましょう。

そして歓迎している気持ちを伝える為に、

ウエルカムドリンクやウエルカムメッセージを初日に取り入れてみましょう。



~編集後記~

早いものでもうお盆ですね~

私は日本のしきたりは割と大事にする方なので、

普段から墓参りには行くようにしています。

でも、うちの弟たちは殆ど行っていないようです。

親の墓ではないのでまだあれですが、

そろそろ先祖を大事にする気持ちは持って欲しいと思います。

先祖を大事にしないと悪い事が起きると言いますからね!!

私はバチに当たるのが嫌なので行きます笑


新人を職場に迎い入れるタイミングで行う2つのポイントとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です