優秀な店長は知っている!部下のやる気をアップさせる褒め方のコツ

どうも、松浦です!

image

あなたの部下にも褒めたのに反応がイマイチな部下はいませんか?



褒めて、やる気が高まり、さらに褒める。



このサイクルが延々と続くのなら最高ですよね。



しかし、なかなかそうはいきません。



褒められたくないと言う部下、

褒めても素っ気ない感じの部下。



どうしてこういう状況が起きるのか考えたことはありますか?



結論を言いますと、

褒められたいことや嬉しい褒められ方が、

人それぞれ違うということです。



ここを間違ったまま、

あなたが正しいと思った通りの方法を取り続けてしまうと、

いつしか褒めること自体が苦痛になるでしょう。



そしてスタッフに対して、

「あいつは何を言っても無反応だ」

「こっちだって無理して褒めてるんだぞ!!」

といった逆恨みにも似た気持ちをいtだきかねません。



せっかくスタッフの気持ちを盛り上げようと思って取組んでいるのに、

そんなことになっては意味がないですよね。



じゃー どうやって褒めたらよいのでしょうか?



それは部下の情報を収集しておく。



これが大事です。



あなたの店でも顧客様の情報を管理していると思います。



お名前や生年月日や連絡先だけでなく、

趣味や家族構成など接客の中で聞いた情報も、

お客様の個人情報として記録しているはずですよね。



まだやっていないのなら、

早く取り掛かることをオススメします。



こういった会話の中で手に入れた情報を何気ない時に活用することで、

お客様から思わぬ反応が返ってくることがあるはずです。



これを部下にも応用しましょう!



誕生日や趣味、尊敬する人、言われて嬉しい一言、

好きな食べ物など。



そういったことを知っておくことで、

部下の特徴が見えてきます。



そして、褒める時に活用するのです。



「尊敬している〇〇にどんどん近づいているね」

「この調子で結果を出せたら、月末に〇〇を一緒に食べにいこう」

など。



褒めるにしても色々な方法があるのです。



あなたが部下の立場だとしたら、

こんな風に自分のことを理解して褒めてくれたり、

やる気を高めようとしてくれる上司にどんな感情をいだくでしょうか。



きっと、嬉しくてさらに頑張ろうと思うのではないでしょうか。




もし、あなたの部下がいくら褒めても嬉しそうにしなかったり、

無反応だとしたら褒め方に問題があるのかもしれません。



この他にもコツがありますので、

また機会をみてお伝えしたいと思います!



ぜひ、あなたも部下の情報を集めてみてくださいね。



~まとめ~

顧客管理をするのと同じように、

部下の情報も収集して活用しましょう。




~編集後記~

昨日は仕事で三原に行ってきました。

「八天堂のクリームパン」知ってますか?

全国の百貨店やサービスエリアなどでも扱っている大人気のパンです。

その本店が三原にあるので、ちょっと寄り道して買い食い。

パンも柔らかくモチモチ、クリームもふわふわであっさり味!

これは人気になるのが分かる!

オススメです。

http://hattendo.jp/

優秀な店長は知っている!部下のやる気をアップさせる褒め方のコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です