スタッフのやる気を無くすロールプレイングをしていませんか?

どうも、松浦です!


今日も暑いですね~ 


そして、今日はそんな暑さもサーっと引くような事例を紹介します。


接客業だと、特に新人さんが入った時に指導の一環で、

 

ロールプレイを行ってるとこは多いと思います。


ロールプレイをすることが決して悪いとは思ってないんですよ!


接客をする為の場馴れや、自分を見つめ直したりも出来るし、

 

パワーアップにもなると思うんです。

 


でも、現場で「ロープレしようか!」と言うと、

 

あんまり反応が良くないんですよね。


最初は何で??って思ってたんだけど、ある時に気が付いたんです。


みんな、マニュアルでもあるんじゃないの!?ってぐらい、同じことを口にするんです。


いやー、自信がないんで。。。

多分、出来てないと思いますよ。。。

緊張するんで、いやなんです。。。


などなど。

 


いや、別に責めたりしないし!!

 



なんでそのようなことが起きるかを考えてみたんですが、

 

指導する側に何か問題があるんじゃないのかなって。



ロールプレイする時ってだいたい先輩がお客様の役で、

新人さんが店員役をすることが多いと思います。


その時に、先輩がどういうスタンスで新人さんを見ているかがポイントなんです。



私も、以前は新人さんの接客を見て、足りないとこ、

 

出来てないとこを重点的に見て改善を促してました。

 

 


でも、これじゃー新人さんはキツイですよね。


こんなスタンスで指導していると、新人さんは


「私って全然出来てない?!やってく自信がない。。。」


ってなって嫌になる訳ですよ。



もしかしたら、早い段階で辞める人は、

 

こんなことが理由になってるかもしれないのです。

 



やっと、採用したのに。。。



熱心に指導してるつもりなのに、仇となってるケースもある訳ですよ( ̄□ ̄;)



現実を知るのは、とても大切なことだと思います。

 


でも、それでモチベーションを下げる人が多いのも事実なんです。



なので、まずは良いとこを探すというスタンスでロールプレイはしましょう!



で、立場を入れ替えて、新人さんがお客様役で先輩が店員役っていうのが良いのではないでしょうか!


そこで、お互いに学びを得や気付きが生まれると思います。

 



あとは、それぞれが日々の実践で一生懸命に取組んだり、

 

先輩が後輩に愛情を持って指導すれば、成長していきます。

 


ということで、今回はロールプレイするなら、

 

ダメ出しのスタンスは止めてみましょう!ということでしたo(^▽^)o









スタッフのやる気を無くすロールプレイングをしていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です