相談を受けた時に、ついつい説得をしていませんか?

どうも、松浦です!

{3CE325EF-D95B-42E7-B2FC-61061D2F3BBA:01}


あなたは、スタッフの意見を封じていませんか?
「そんなことはない!!」
と思った、あなたに読んでいただきたいです。
よくある事例ですが、
スタッフから相談を受けた時に、
ついつい自分の意見を押し付けるような言い方になっている場合があります。
スタッフの考えを聞きつつも、
自分の考え通りになるように説得を始めます。
「あれを言ったら、もっともらしいから説得力がありそう」
「過去にこんなことを言ってたから、納得するだろう」
そんなことが頭によぎりながら会話をしていると、
自覚はなくても説得になっているのです。
そうなってくると、
相手も防御の体制になり、
本心とは違う言い訳ばかり出てきます。
もちろん、あなたは正しいと思っているのですから、
それに対しては問題ありません。
でもですね、スタッフにはスタッフの思いがあるんです。
一般論としては、
あなたの考えが正しいとしても、
スタッフそれぞれの状況や性格も全く違います。
あなたからしたら、
「それは逃げだ!!」
と思ったとしても、
本人には本人の考えがあってのことかもしれません。
そこをしっかりと聞いて上げて下さい。
スタッフがなぜそう思ったのか?
その考えに至ったまでの状況や経緯。
そこをヒアリングし、
状況を把握しないままに、
あなたの考えばかり伝えても相手の心には響きません。
人は皆、はたからしたら、
間違ってると思う考えだとしても、
自分の中で考えられることを考え、
今に至っているのです。
それは、本人にしか分からない世界が間違いなくあるからです。
まず、あなたにして欲しいことは、
あなたの考えを伝える前に、
トコトン聞いてあげてもらいたいんです。
大事なことなので、
もう一度言いますね。
あなたの考えを伝える前に、
トコトン話を聞いてあげて下さい。
そうするとスタッフ本人も気づいていなかったような、
深い部分に辿りつく場合があります。
そこまでいくには、経験や知識、スキルが必要な場合もありますが。
まずは、あなたの出来る範囲で構わないので、
いつも以上にトコトン聞いてあげて下さい。
そこまでした上で、
あなたの考えを伝えていくと、
スッと響くんです。
そして最後の結論はスタッフに委ねて下さいね。
人は自分で出したと思う答えしか納得できません。
説得だけではムリなんです。
必ずその考えに至った経緯があるのですから。
ぜひ、あなたもスタッフの相談に乗る場合はトコトン話を聞いてあげましょうね!
~まとめ~
人それぞれ考えていることや現在の考えに至った経緯が違います。
そこを聞いて汲みとってから、あなたの考えを伝えても遅くはありませんよ。
~編集後記~
ベランダのミニトマトが実をつけ、
赤くなりはじめました!
食べるのが楽しみです。
美味しいトマトでありますよう願ってますm(_ _)m
相談を受けた時に、ついつい説得をしていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です