お客様の目線に立って接客をする本当の理由

どうも、松浦です!

{024D9FA5-C101-42C0-96A0-F68EC462DBA1:01}


お客様は商品を買う時に迷うことが、
多々ありますよね。
そんな時に、あなたはどう対応していますか?
よくあるのが、
迷っているにも関わらず、
追い打ちをかけるように商品のアピールをし続ける方。
迷っているということは、
もちろん商品に興味はあるし、
できれば買いたい気持ちはある場合が多いんです。
でも、決断できずに迷っているんですよね。
じゃー そのお客様は優柔不断だから決断できないだけなんでしょうか?
その可能性も、もちろんあります。
だけど、それは販売側がお客様の不安を取り払えてないからという場合もあります。
例えば、
普段は5万円までのバッグしか買わないお客様が、
10万円のものを気に入り迷われていたとします。
「これが5万円だったら即決なのに!!」
「欲しい、だけど、、これを買ったら今月は貯金できない。。」
「本当に予算以上のものを買うだけの価値があるんだろうか。」
「もっと他の店を色々と見たら、安いのがあるかも…」
「飽きずに長く使うだろうか…」
などなど。
お客様それぞれの不安を抱えています。
そこを無視してクロージングをしようとしても、
なかなか販売することは難しいでしょう。
もし販売できたとしても、
最悪の場合は返品になるし、
返品までなくても無理やり売ろうとしてきた。
そんな印象を持たれかねません。
もちろん、販売員としては売上を上げるという強い意志は必須です。
だけど相手との信頼関係を築かないままに、クロージングだけすると売れるものも売れなくなります。
相手の不安な気持ちを無視することなく、
まずは不安な気持ちを汲みとって上げましょう!
そして不安材料を知った上で、
不安を取り払う作業を行って下さい。
それをしないと、
いくら良い商品だと分かっていても、
そのバッグを持って遊びに行き、
楽しい時間を過ごす自分を想像したとしても、
購入になかなか踏み切れません。
特に高いものになればなるほど、
この状況は顕著に現れてきます。
50円と100円なら、そこまで迷わないですよね笑
販売側からすると売れることがゴールになりやすいですが、
お客様は買うことがゴールではありません。
買った後にどれだけ満足できるかがゴールなのです。
あなたが買う立場になった時は、
そうじゃありませんか?
お客様にいかに満足してもらいながら、
売上を上げていけるかが非常に大切です。
あなたの店でも、
お客様の不安をしっかり取り払いながら、
クロージングをしていきましょうね!
~まとめ~
お客様は自分がいつも買う値段以上のものや、
購入に迷いがでている場合、
お客様なりの不安を抱えています。
そこを無視せず接客していきましょう。
~編集後記~
今日の夜中に九州で地震があったようですね。
うちの辺りも震度4とでていました。
でも、全然気づかないまま寝ていたんですけど。。。
本当に揺れたんだろうか。
そうだとしたら、気づかない自分が怖いです( ̄◇ ̄;)
お客様の目線に立って接客をする本当の理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です