ズバリ、スタッフが定着しない店の特徴があります。

どうも、松浦です!

 


あなたの店のスタッフは長く勤めてくれていますか?



もし、NOであればこのポイントをチェックしてください。



それは、プライベートでも店に立ち寄ってくれているか?



お店の商品を気に入って買っているか?



これらをチェックしてみてください。



クライアントさんである飲食店の店長やオーナーの方と話していると、

「うちのスタッフが友達や家族と一緒に来てくれるんですよ」

とか、

「知り合いに声を掛けてくれて予約を取ってくれるんです」

こんな話を聞きます。



こういう店は、売上が伸びていきますしアルバイトのスタッフだとしても、

卒業や就職活動までは働いてくれています。



販売であれば自店の商品を仕方なしに買うのではなく、

新作が入る度にウキウキして、

新作が入ることをある意味で恐怖に感じています笑



私がアクセサリーやアパレルに勤め、

店頭のスタッフと接する中でも感じていたのは、

長く勤めるスタッフは商品やブランドを愛していました。



分かり易い例で言うと、

携帯のアドレスがブランドに関係していたり、

社販にならない商品でもプロパーで買う方。



特にアパレルの時のスタッフは、

私が止めても買うぐらいで、

年間で100万ぐらい買う方もいました。



こんなスタッフが辞めたら、

販売力は落ちるは100万まで失うはで、

絶対に辞められたら困るんですよね笑



もちろん、このようなスタッフばかりではありませんが、

話していると大なり小なりこのような感覚を持っている方が、

多かったです。



逆にプライベートでは店に立ち寄らない、

商品に対してダメ出しが多いスタッフは、

遅かれ早かれ辞めていきますし、

店の売り上げも低い傾向にありました。



スタッフが長く勤めている理由は、

給料などの待遇面だけではありません。



待遇がイマイチだと思っていても、

居心地が良かったり、

自分の店が好きであれば長く勤める動機になるのです。



待遇面は重要ですが、

それ以前に環境をしっかりと整えることは非常に大切なんです。



これをやらずして、いくら表面だけを飾っても

結局は辞めていってしまいます。



スタッフが自分の店と思え、

友人や家族に自慢できる店を一緒に作っていけば、

繁盛店になっていくのです。



「人が人を呼ぶ」ということですね。



あなたの店もスタッフがプライベートでも利用したくなる、

スタッフにも愛される環境を作っていってくださいね(^-^)/



~まとめ~

スタッフから愛される店は定着率も上がり、

繁盛店にも繋がっていきます。

待遇面ばかりを気にするのではなく、

まずは店の状況に目を向けましょう。



~編集後記~

最近、ニュースで派遣法改正について頻繁に報道されています。

建前では派遣から正社員に切り替える頻度が増えるということでしょうが。

きっと、非正社員がさらに増え続けると思います。

多様な働き方を増やすことが目的だとしても、

日本にはその文化がまだまだ根付いていません。

やるなら、そういった文化背景を考え空気感や環境の整備が必要だと思います。





ズバリ、スタッフが定着しない店の特徴があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です