お客様との約束を守れないスタッフの考え方とは?

どうも、松浦です!

{771D8C19-9BA4-4019-B504-BCC870F11959:01}

お客様と日々さまざまな約束をしていると思います。



お取り寄せや、新作の入荷案内であったり、

イベントの連絡など。



中には、お客様と親密になってくることによってお付き合いで、

仕事とは少し離れた約束だってあるのではないでしょうか。



どちらにしろ小さな約束だったとしても、

一度約束をしてしまえば守らなければ信頼を失います。



業務上の約束であれば忘れていても、

誰かしらが気付いてくれる場合もあるのですが、

やっかいなのは個人的にした約束なんです。




例えば、

「〇〇さん、今度の誕生日にはチョットしたプレゼントを渡しますね!」

と言ったのに忘れてしまったり。



接客の中で盛り上がったプライベートな話の中でお客様から、

「今度それ見てみたいから、持ってきて!」

なんて言われて、

「いいですよ!」

と返事したのに忘れているなんてこと。



もし、あんまり乗り気ではなかったけど、

話の流れでOKしたとしても、

約束した以上は責任が発生してしまっているのです。



ここからは少し私の体験をいくつか話しますね。



セール前にコートが欲しくて見にいった時なんですけど、

「セールが近いから、この商品もセールになる可能性ありますよねー?」

と質問したら、

「この商品は定番で人気があるので、絶対にセールにならないので安心してください」

と言われたので安心して買ったら。。。

セールになっていたことがありましたヽ(`Д´)ノ



すごく嫌な気分になりました。



これは論外ですよね。



あとは、お店の方と今度ごはんでも行きましょうっていう話になったので、

私も楽しみにしていたことがありました。

「こっちから予定を連絡しますね!」

と言われたので待っていたんですが連絡なし!



で、次に会った時にも

「すみません、忙しかったので。。。今度は連絡するんで!」

と言われたのに、

また連絡なし!!



その場のノリで約束したんだろうなと理解はしているのですが、

正直どうでもよくなりますよね。



で、何が言いたいかというと、

本当は不確定なことなのに言い切ってしまうのがマズイのです。



仕事の約束だろうが、プライベートに絡んだ約束だろうが、

相手はあなたの店のお客様です。




だから約束したことは守らないといけないのです。



基本ではありますが、

あなたの店でもシッカリと約束したことは守るようにしましょうね(^-^)/



~まとめ~

できない約束はしないこと。

そして、曖昧なことは明言しないことが大切です。




~編集後記~

今日は入道雲が出ています。

そろそろ夏も本番ですね!

あ~ またキャンプいきたい! 笑




お客様との約束を守れないスタッフの考え方とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です