橋本徹氏からみる、独裁とリーダーシップの関係性

どうも、松浦です!

{B1514A65-D514-4772-B1BA-17AADEF1E952:01}
先日、大阪都構想の住民投票がありましたね。
正直、私はどっちが良くて悪いのかは分からないです。
ちなみに政治がどうのこうの語りたい訳ではないです。
あくまでも、リーダーシップという点からの話です。
住民投票の結果を見ると高齢の方が反対票が多く、
若い方は賛成票を入れているようでした。
高齢の方も内容うんぬんより、
改革によって現状と何かが変わることに、
不安を感じたのではないでしょうかね。
人間には現状維持というか、
現状に満足していると思いたい気持ちがあります。
いわゆる、現状満足です。
それだけ新しい環境を選ぶには労力がいるということですね。
政治には既得権益という聖域があるので、
下手したら人が死ぬぐらいですからΣ(゚д゚lll)
橋下さんの物言いは好き嫌いが大きく分かれるでしょうが、
類い稀な演説力と問題提起、コミュニケーション力で、
タレント弁護士から一気に駆け上がった方です。
色々なバッシングがあってもスタンスを変えない、
強い精神力は見習いたいとこです。
私が印象に残っているのは、
「今の大阪にはリーダーシップではなく独裁が必要」だと言ったことでした。
それぐらい強烈に切り込んでいかなければ、
病が慢性化した組織は動かないんだろうなと思いました。
さて、
 
彼は本当に独裁だったのでしょうか?
住民投票で否決された直後に引退を発表するなど、
保身ではなく信念に基づいていると感じました。
お店でも同じことが言えると思います。
スタッフに甘いばかりではマネジメントはできません。
時には厳しいことを言うこともあるでしょう。
そして最終判断と責任はリーダーである、
あなたが負うことになります。
あなたが毒にも薬にもならい存在ならば、
何の影響力も発揮されません。
あなたの信念は何ですか?
それをスタッフと信念を共有できるコミュニケーションをしっかり取って下さいね(^-^)/
~まとめ~
リーダーシップとは信念と行動、そして責任によって成り立っています。
~編集後記~
最近、手荒れがひどいんです~_~;
皿を洗うぐらいで、
特に大したことをする訳ではないのに。
苦痛です。。。
早く治る方法があれば教えて下さい!!m(_ _)m
橋本徹氏からみる、独裁とリーダーシップの関係性