知ってますか?ルールは職場の空気感で左右されています

どうも、松浦です!

{339E0D6A-CE97-4B99-AE84-50023F7A9190:01}


あなたの職場にも規則があると思います。
いやいや、そん大そうなものは無いよと思ったあなたの店でも、
当番や服装など何かしらのものはあるはずです。
さて、その規則は守られているでしょうか?
規則があっても守られていなければ意味がありません。
そして、なぜ守られないのでしょうか。
ズバリ、それは空気です。
空気って?どういうこと?
と、思った方もいると思います。
それでは、紐解いていきますね^ ^
そもそも、空気というのはスタッフの誰かが作り出しているのです。
そして最終的にはリーダーである、
あなたの許可のもとに、
その空気は作り出されています。
「えっ!許可したつもりなんてない!」っと思っていてもです。
規則が守られていない店には、空気で支配されているからです。
例えば、特定のスタッフには注意しなかったり、
本当はスタッフに仕事を振り分けたいのに自分でやってしまったり。
いつしか、それが当たり前になり空気が規則となるのです。
空気の怖いところは伝染するところと、
「これって変じゃない?!」って思っても言えなくなってしまうとこです。
戦時中の日本を想像してもらうと分りやすいかと。
空気は国家や国民すら巻きこむのですから、
あなたの店は簡単に支配されることは理解できると思います。
私はその空気が嫌でお局さまに、
面と向かって意見を言ってたら、
ある時期、、、村八分になりました( ̄◇ ̄;)
あなたが店の状況を変えたい!
良くしたい!と思うなら、
まずは空気の発生元を特定してみて下さい。
対策はそこからスタートです。
ぜひ、あなたの店の空気をしっかりと観察してみて下さいね(^-^)/
~まとめ~
決められた規則があるのに、守られていなければ原因は空気です。
規則と空気の関係を理解して、
スタッフや店を観察してみましょう。
~編集後記~
今日は、どしゃ降りの雨でした。
梅雨も少しづつ近づいてますね。
雨の日が少しでも楽しみになるように、
新しい傘を買おうと思います^ ^
その日の気分や服装で選ぶと、
ちょっと楽しいですよ!
知ってますか?ルールは職場の空気感で左右されています