時間・お金・命がイコールである理由

どうも、松浦です!

 
前回のブログ記事の中で、

お金=時間=命 
ということを書きました。

※命とは、体やメンタルのことをいいます。



今回は、それらについて少し掘り下げて書いていこうと思います。



お店のオーナーや店長と話している時に、

頻繁に聞こえてくるのが「時間が欲しい」という言葉です。


もっと家族と過ごす時間や、

自分の時間が欲しいけど任せれるスタッフもいないから、

結局は自分でやってしまうと。



これって、

実は優秀なリーダーの方が陥りやすい悩みなのです。




任せても思うようにならないし、自分がやった方が早いし。



正直、私も部下にはイライラすることが多っかたのを覚えています。



スタッフ全員が、あなたの右腕レベルで動くことは難しいですが、


部分的に任せることは可能だと思います。



パートのスタッフを雇えない訳ではないけど、お金がもったいないし・・・

育てないといつまでも自分がやらないといけないから時間がないし・・・


このままじゃ良くないと分かっているけど、

考えるのも面倒だし、育てるのはもっと大変だし、

そもそも何をどうしたら良いか分からない。



そうやって、先延ばしにしているのです。



時間が欲しいのであれば、

人を育てるなり、採用するなり、作業の見直しなどが必要です。



それをするには、時間がかかりますよね。



時間を掛けたくなければ、

お金を使って外部にお願いするなどの対応が必要です。



自分だけでは解決が難しいことにお金を使うのは投資です。



その道の専門家などにお金を使うことで、時間を買っています。



優秀なリーダーは消費と投資の使い分けが上手です!



お金を使いたくなければ、

あなたの命と時間を使うことになります。



もうお分かりだと思いますが、
時間=お金=命

という図式が原理原則なのです。

これを理解しているか、していないかで生き方も変わってきます。


そして、今の状況を変えれるかどうかにも関わってきます。



あなたが、もし時間が欲しいと思っているならスタッフを育て任せましょう。



スタッフが自発的に考え行動する仕組みを作ることができれば、

店の状況は絶対に変わりますよ(^O^)/



~まとめ~

時間が欲しいのであれば、お金と命の使い方を考えましょう。

お金と時間、命は密接な関係なのです。

あなたの手に入れたいものを考えてバランスをとった使い方をしましょう。



~編集後記~

山口県にあるソーセージやハムで有名な店、

朝日屋さんのロースハムを買いました!

百貨店の催事に出店してたので買いにいきました。

ドイツの品評会でも金賞をとるレベルのようです。

食べるの楽しみです!

通信販売もしているので、気になる方はチェックしてみてください(^_^)


時間・お金・命がイコールである理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です