人生を時計から考えてみる。自分らしい生き方とは?

どうも、松浦です!

24時間を人生に当てはめる考え方があるそうですが、

あなたは知っていましたか?


人生時計とか呼ばれているそうです。


私も先日、はじめて知ってちょっと面白い考え方だなと思ったので、

今日は人生時計について書いてみようと思います。


基本の考え方としては、

生まれた時間を夜中の0時とします。


とりあえず、80歳まで生きるとしましょう。


そうすると、

0歳→0時
10歳→3時
20歳→6時
30歳→9時
40歳→12時
50歳→15時
60歳→18時
70歳→21時
80歳→24時

という感じになります。


ちなみに、私は35歳なので10時半ぐらいですね。


おしゃれに言うと、ブレックファーストぐらいの時間です笑
まだお昼ご飯にも届いていません!


そう考えると、なんかまだまだやれることって、いっぱいありそうな感覚になります。


40歳でやっと昼ごはんですから。


50歳で昼寝してコーヒー飲みながらクッキーでも食べようかといった時間ですね。


60歳で晩ごはん食べて、70歳で夜遊び!

なんか書いてて楽しくなりますね笑


でもでも、日本人の寿命は医療の発展とともに更に伸びてます。


嬉しいんだか、大変なんだか複雑ではありますが。


ちなみに、うちの母方の家系はみんな長生きなので、100歳以上まで生きる方も多いみたい。


ということで、
100歳で考えてみましょう。
0歳→0時
10歳→2時24分
20歳→4時48分
30歳→7時12分
40歳→9時36分
50歳→12時
60歳→14時24分
70歳→16時48分
80歳→19時12分
90歳→21時36分
100歳→24時
となると、35歳だと8時24分Σ(゚д゚lll)


まだ朝食が終わったぐらい。


100歳まで生きるって想像以上ですね。


だって、70歳で晩ごはんの準備ぐらいですから笑


いやー、やっぱり物事をちがう角度から見るって新鮮だし大切ですね。


90歳でも、まだ何か行動しようと思えば、やっぱり身体であり精神的な部分って凄く大切だと思います。


お金=時間=命

これが原理原則だと。


さて、あなたは人生時計に当てはめてみたら何時だったでしょうか?


そして、何を感じたでしょうか?


人生は長いようで短い、そして自分の生き方が後の人生にも影響します。


お互い24時を迎えた時に、後悔の無い人生にしたいですね(^-^)/


まだまだ楽しく頑張っていきましょう!
~まとめ~
24時間=人生。
あなたが現在の時間を知った時に何を感じるかが大事です。
これに限らず物事を違った見方をすることで、新しいヒントをくれます。
固まった視点を動かすことは、店にも良い影響があるので^_^
~編集後記~
昨日、1年振りにゴルフの打ちっぱなしに行きました!
1年前に2回だけ打ちっぱなしに行って、コースに出て以来です。
あらためて友達に教えてもらって、前より少し上達しました。感覚を開けすぎないように、たまには行こうかなと。
今日は、軽く筋肉痛ですσ^_^;

 

人生を時計から考えてみる。自分らしい生き方とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です