リーダーにふさわしくない人 3つの特徴

どうも、松浦です!

 

 

 

 

 

 

 


リーダーにふさわしくない人はどんな人でしょうか。



以下の3つの条件に当てはまる人を、
リーダーにしてはいけません!!




それでは、どんなタイプなのか見ていきましょう。



1:強みよりも弱みばかりに目がいく人。


例えば部下を育てるときに長所ではなく短所ばかり見つけて責めるリーダー。



こんなリーダーだと、多くのスタッフは嫌になってしまいますよね。


私の場合も、褒められたり認められたい欲求はあります。
やっぱり、嬉しいですよね!

相手を思い時には厳しさも必要ですが、
ダメなリーダーは感情のまま口にするので信頼されません。


指摘するにも、伝え方が大事です。


嫌なことを言われたり、された時には腹も立つしモチベーションも瞬間的に下がりますよね。


私の場合は、負けん気も強い性格なので、
今に見てろよ!!怒
と、いう気持ちになりプラスに働くことはあります。
とはいえ、こういう人とは一緒に仕事をしたいと思わないですけどねσ^_^;

2:何が正しいかではなく、誰が正しいかを考えている人。


こういう人って必ずいますよね。


自分の考えではなく、誰かの顔色をみています。


上にはペコペコ、部下には上から目線。


こういう人がリーダーになると、チーム内の空気は最悪です。


なんでこの人が出世するの?!
と思う時には、だいたいこの手のタイプだと。


残念ながら世の中は、そんな感じで回ってるのかなと。


でも、ある意味で世渡り上手と言えます笑


ちょっと羨ましい部分も。


3:誠実さではなく、頭の良さを重視している人。


例えば、学歴に対して妙なこだわりを持ってるリーダーっていますよね。

働きだしたら学歴って関係ないと思うんですけど。
あとは、頭が切れるという理由だけでリーダーになった人は信頼されていないんですよね。


そこに人としての配慮であったり誠実さがないと、やはり煙たがられます。
リーダーはチームをまとめ、個人の能力を最大限に引きだす存在です。



さて、あなた自身はどうでしたか?
そして、あなたの店にはこのようなリーダーがいませんか?
ぜひ、この3点を意識してチェックして次に繋げてみてくださいね(^-^)/


~まとめ~
長所も短所も紙一重です。
優しいだけのリーダーでもいけません。
バランスを取りながら、あなたなりのリーダー像を作る必要があります。
~編集後記~
今日、テレビを見てたら黄砂予報をやっていました。
僕は黄砂が苦手です~_~;
ヒドイ時は風邪を引いたようにだるくて。。。
今年はあまり飛んで来ないことを祈りますm(_ _)m
リーダーにふさわしくない人 3つの特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です