覚えているのは、、あなただけ!トラブルを未然に防ぐ方法

どうも、お店を運営する「店長・オーナー」の悩みを、



解決することばかり考えている松浦です !

 
—————

人はすぐに忘れるんです。

—————



部下に仕事の依頼などを伝えるときに、

口頭で伝えることが多くないですか?



あなたも1度は経験があると思いますけど、

言ったはずなのに「聞いてません!」

と言われたこと。



私自身も1つぐらいだから覚えているだろうと、

メモをしていなかったら、

完全に忘れて大慌てしたことが何度もあります。



あれ調べておいて!

あれ提出しておいて!




大したことない内容だからと思ってると

痛い目にあいます。



言った方は結構おぼえているんですが、

相手は結構わすれていたりします。


あとは、違う解釈をしていて、

全然内容が違っていたり。。。



こういうのって、すごくストレスになっていませんか?



私は正直ストレスでした。



————–

文章にして共有する

————-


案件によっては、

覚えておかないといけないことが、

1度の会話の中で何個もあります。



そんな時は、話が終わった後にすぐに

メールで要点を送ったり、

ファックスをするようにしています。



特にビジネスに関わった話であれば、

言った言わない、解釈の違いなんかで、

ギクシャクしても時間の無駄ですよね。



「店長がこうしといてと言ったんで、その通りやりました。」

「いやいや、そんな風に言ってないから。」

なんてことは大幅に減ります。



私はコーチングスクールで講師もしているんですが、

授業の中でこんなワークをしたりします。



それは、相手の話を正確に聞き取る練習です。



相手と話した内容をメモして、

発表してもらいます。



すると、ほとんどの人がニュアンスが違っているので、

話した人も聴いた人もビックリしています。



それぐらい、忘れるし意図した通りに伝わらないということですね。



なので文章にして渡したり、全員で回覧するなどして

共有することが大切なのです。



少しの手間が仕事を効率的に進めるキッカケになります!



ぜひ、あなたも文章で伝えることを習慣にしてみてくださいね(^O^)/





■■————————————–

今日のまとめ

人は忘れるように出来ています。

聞いただけでは忘れるし、違った解釈をしています。

それを防ぐ為にも、文章で伝えて共有するようにしましょう。


■■————————————–


最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^-^)

コメントやいいねをしていただけたら、とても嬉しいです!


 
=================================


やり方は1つだけじゃない!

小さなお店の人材活用「店長・オーナー」の悩み解決!

~あなたの右腕であり、共に走り続ける~

自分らしさを磨いて結果を出すコーチング&コンサル。

「忙しくて時間がない・・」→「自分の時間を作り出し、結果が出せる」リーダーに!

売場の課題を共に解決し、目標達成をするための伴走者。



=================================















覚えているのは、、あなただけ!トラブルを未然に防ぐ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です