あなたの分身がいれば、お店の売り上げは伸びますか?

どうも、お店を運営する「店長・オーナー」の悩みを、



解決することばかり考えている松浦です !



————

自分がもう一人いたら・・・

————


あなたは、こんな発言をしていませんか?



私も以前は、そう思うことがしょっちゅうありました。



自分でやった方が早いし、

自分だったらこうやるのに。



そんな気持ちが強かったので、

相手に対しても口調が厳しくなったり、

責める感じになっていました。



しかし、ある時に気付きました。



相手から距離を感じるのです。



そう、心の距離です。



私としては、当たり前のことを当たり前に

言っているつもりなのですが、

相手からすれば苦痛なだけだったんです。



—————–

ワンクッションが大切

—————–


と、分かっていても中々できなかったんですけどね(;^_^A



正直、今でも完璧に出来てますなんて言えないです。



しかし、以前に比べると大幅に改善されていると思います。



自分だけで出来ることには限界がある。



自分の苦手な部分を助けてもらっている部分も、

たくさんあると考えれるようになりました。



すると、以前ならすぐに口から出てしまっていたことが、

飲み込めるようになりました。



そして、自分と相手はペースも違うことを理解し、

すこし待つことも覚えました。



自分がもう一人いたらいいのに。



この言葉通りだと自分の苦手なところは、

誰がやってくれるのでしょか?



自分を過信しすぎてはいけません。



そう考えたらワンクッション置くことも、

悪くはないですよね!



ぜひ、あなたも部下や仲間とのコミュニケーションに、

ワンクッション入れてくださいね(^O^)/




■■————————————–

今日のまとめ

自分1人だけでは、組織は回りません。

苦手な部分や手が足りない時に、

助けてくれる仲間が必要です。

相手との違いを受け入れる為にも、

ワンクッション置くなどして落ち着いて対応しましょう。

■■————————————–


最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^-^)

コメントやいいねをしていただけたら、とても嬉しいです!


 
=================================


やり方は1つだけじゃない!

小さなお店の人材活用「店長・オーナー」の悩み解決!

~あなたの右腕であり、共に走り続ける~

自分らしさを磨いて結果を出すコーチング&コンサル。

「忙しくて時間がない・・」→「自分の時間を作り出し、結果が出せる」リーダーに!

売場の課題を共に解決し、目標達成をするための伴走者。



=================================







あなたの分身がいれば、お店の売り上げは伸びますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です