スタッフを信じながらも、情報は自分で確認する必要がある理由

どうも、お店を運営する「店長・オーナー」の悩みを、



解決することばかり考えている松浦です !

 

 

 

 

 


————-

業務報告を安易に信じてはいけません

————-



部下を信じることは大事です。



しかし、部下が業務報告書などで、

伝えてきたことを、

そのまま信じるのは別な話です。



人は自分の都合が悪いことは控えめに言ったり、

良いことは誇張ぎみに伝えたりします。


また、

人の好き嫌
が報告内容に影響することも考えられます。




————–

最後は自分の見たものを信じる

————–



報告された情報は、

情報としては把握することは必要です。



細かなことは信じたとしても、

重要な事や疑問に感じたことは、

自分自身で確認しましょう。



以前、お店の運営責任者をしていた頃、

店長やスタッフからさまざまな報告を受けていました。



特に慎重にしないといけなかったのが、

人に関わることでした。



例えば、

〇〇さんは、こういうことをして困るんです。

〇〇さんは、やる気がないんです。

〇〇さんは・・・



多くの店舗と関わっていると、

こんな話を日常的に聞くわけです。



もちろん、話は聞きます。



でも、聞いた時点では同調はしませんでした。



聞いたことに関しては、ありのまま受け止めますが。



まー 言ってることは本当だろうなと思う時もあれば、

本当なのかなー?

と思う話も多々あるのです。



それは、さっき書いた、

好き嫌いの感情などから、

大げさに言っているケースがあるからです。



自分の目であったり、

周囲からの話を聞くなどして、

事実を確認することが大切です。



そうしないと、

報告を真に受けたことで、

意味もなく不利益をこうむる人が出てしまいます。



まずは しっかりと確認し、

情報を集めるなどして、

正しい判断をしましょう。



あなたの仕事は正確な情報で、

自信を持った判断をすることです。



ぜひ、正確な判断をする為にも、

自分自身で確認することも足してみて下さいね(^O^)/





■■————————————–

今日のまとめ

部下を信じることは大事。

ただし、内容によっては疑うことも必要。

自分自身の目で確かめることや、

周囲の人に状況を聞いてみることで、

真実が確認できることもあります。

■■————————————–


最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^-^)

コメントやいいねをしていただけたら、とても嬉しいです!


 
=================================


やり方は1つだけじゃない!

小さなお店の人材活用「店長・オーナー」の悩み解決!

~あなたの右腕であり、共に走り続ける~

自分らしさを磨いて結果を出すコーチング&コンサル。

「忙しくて時間がない・・」→「自分の時間を作り出し、結果が出せる」リーダーに!

売場の課題を共に解決し、目標達成をするための伴走者。



=================================











スタッフを信じながらも、情報は自分で確認する必要がある理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です