部下同士のトラブルにどう対処しますか?

どうも、アクセサリー・アパレル「オーナー・店長」の悩みを



解決することばかり考えている松浦です!




—————

ある店長の方からの相談

—————


部下同士が揉めているけど、どうすればいいんでしょうか。。。



揉めているのは入社して間もないスタッフと、

その仕事のリーダー。



細かい理由はあれですが、

簡単に言うと新人がリーダーに対して反発するとのこと。



最初は年齢も近いということもあって、

リーダーも友達感覚で接していたそうです。



で、3か月が経った頃に新人が発注ミスをしたそうです。



なのに、悪びれた言葉もなく

「自分が弁償すればいいんでしょ」

と、言ったそうです。



いやいや、そうじゃなくて・・・



「そのミスを周りの人にフォローしてもらっているんだから、

そういう言い方はないでしょと。」



よくよく話を聞いてみると、

まだ仕事を覚えていないのに素直に

教えて欲しいと言えず、

指摘されると反論ばかりしていたそうです。



で、今回の発注ミスの件があってリーダーから相談されたそうです。



その話しを聞いて店長は、

新人が生意気だからいけないんだと思ったそうです。




————

相手は自分のカガミ

————



でも、話を聞いていて本当の理由はそれだけではないのでは?

と感じました。



新人の方は確かにプライドも高いし、

調子に乗り易いタイプなんだと思いますし、

謙虚さや素直さが欠けているかもしれません。



しかし、そういうタイプだと理解しないまま、

リーダーとして対応が出来てなかったことが、

大きな理由の1つではないでしょうか。



友達感覚での話し方や接し方を繰り返しているうちに、

新人の方もリーダーとして見なくなってしまったのです。




だから、何か言われても反発しやすくなったのではないでしょうか。



もちろん気軽に話せる上司は部下にとっても、

ありがいたい存在です。



でも、関係が崩れては元も子もありません!!



やはり、「親しき仲にも礼儀あり。」



この気持ちがないとグダグダな関係になり易いです。



今回は、それを理解できていない新人の方、

リーダーそれぞれが考えないといけないのではないでしょうか。



相談された管理職の方も、

話している内にさまざまな角度から、

二人の仕事の仕方、接し方に気付くことが出来たようでした。



実は、私は両方の立場を経験しています。。。



馴れ合いの関係になると、

上手くいっている時はいいのですが、

トラブルになると反動が大きいので大変でした。



ぜひ、あなたも一方の角度から見るのではなく、

さまざまな角度から考えてみてくださいね(^O^)/



■■————————————–


今日のまとめ

一方の立場だけに立つと見えなくなってしまいます。

さまざまな立場や角度から、物事の本質を見ていきましょう!


■■————————————–


最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^-^)

疑問に思ったことなどあれば、質問して下さいね。

コメントやいいねをしていただけたら、とても嬉しいです!

 
=================================


やり方は1つだけじゃない!

アクセサリー・アパレル「店長・オーナー」の悩み解決!

ファッション業界の人材をモチベーションアップ!

~あなたの右腕であり、共に走り続ける~

自分らしさを磨いて結果を出すコーチング&コンサル。

「忙しくて時間がない・・」→「自分の時間を作り出し、結果が出せる」リーダーに!

売場の課題を共に解決し、目標達成をするための伴走者。


広島人材活用コーチング&コンサル   Asurizm   《アス・リズム》   松浦
===============================


















部下同士のトラブルにどう対処しますか?