スタッフが自分の意見を言える環境をつくるメリット

どうも、「オーナー・店長」の悩みを

解決することばかり考えている松浦です!

 

上から一方的に言われて渋々やっている仕事ほど

嫌なことはないですよね。



「あれやれ、これやれと」

言われても気持ちが乗らないから最低限しかしなくなります。



あなたもこんな気持ちになった経験はありませんか?



小さな組織だと、オーナーの方は結構こういう

トップダウン方式で指示を出されています。



それが悪い訳ではありません。



組織や店が小さい時は強力に引っ張れる人がいないと、

前に進めないことも多々あるので。



しかし、いつまでもトップダウン方式で進めていると、

スタッフのモチベーションは下がってしまいます。



じゃー どうすればいいの?!

と言いたくなりますよね。



そこで大切になってくるのが、

やらされた感を感じさせないコミュニケーションです。



スタッフの意見を全て取り入れようとすると、

収集がつかないし、まとまりません(+_+)



せっかくのあなたのアイデアや行動力も

中途半端になってしまい勿体ないですよね。



具体的なポイントをお伝えします!


———————————–

あなたのアイデアや方針を実行する時に、

スタッフが意見を言える環境を作ることです。

———————————–


スタッフから意見を言える、これが重要です。



無駄なミーティングをするのではなく、

こういう時にこそミーティングをしましょう。



そこで意見を取り入れることもあれば、

取り入れない時があっても良いのです!



スタッフも意見が反映されれば嬉しいでしょうし、

反映されなくても意見を言えたことで気持ちも整理されます。



意見を聞いて終わるだけでなく、

何で反映したか、しなかったかは後日でもよいので

伝えて上げてください。



手間は掛かりますが、こういうやり取りがあって

お店の方針として受け入れれるのです。



あなたが指示や命令をした時に、

スタッフが「やらされた感」を感じずに取り組むと、

プラスの行動が生まれます(^_^)v



お店は組織です。



お店を強い組織力で、繁盛店にしていきましょうね(^O^)/



■■————————————–

~今日のまとめ~

スタッフとのコミュニケーションの時間を確保することは大事です。

そして、全体の意見を吸い上げることも組織を強くする為には

不可欠です。

組織は人の集まりですから、個人個人が自分も必要とされているんだ。

そう感じることで、使われている意識から、

参加している意識に変わっていきます。

ぜひ、個人の力を引き出してくださいね!

■■————————————–

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^-^)

コメントやいいねをしていただけたら、とても嬉しいです!

=================================

やり方は1つだけじゃない!

アクセサリー・アパレル「店長・オーナー」の悩み解決!


~あなたの右腕であり、共に走り続ける~

自分らしさを磨いて結果を出すコーチング&コンサル。

「忙しくて時間がない・・」→「自分の時間を作り出し、結果が出せる」リーダーに!

売場の課題を共に解決し成長するための伴走者。

=================================











スタッフが自分の意見を言える環境をつくるメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です