スタッフとの個別ミーティーングが必要な理由

どうも、「オーナー・店長」の悩みを

解決することばかり考えている松浦です!


スタッフと会話する時間は確保していますか?


この質問をするとだいたいの方が、

「話てます」と返されます。



よく聞いてみると、雑談で少し話している程度のことが多いです。



会話の内容を具体的に聞かせてもらっても、

感情が入ってなかったり、一方的に用件だけを伝えていたり。



これではスタッフは、売上を上げよう!とは思いにくいだろうし、

仕事を押し付けられていると感じてしまうだろうな・・・

と感じる話し方でした。



そうではなくて相手に興味を持って接することと、

膝と膝を突き合わせるようにして話しているかが問われているのです。



スタッフに仕事を任せてマネジメントの仕事を増やしていくと、

コミュニケーション不足で溝が出来てしまうことがあります。



スタッフの立場からすると

頑張っている姿を認めて欲しい。

不安な気持ちで取り組んでいる現状を察して欲しい。

など。



大人も子供も同じです。



安心感を感じながら働きたいのです。



気に掛けられている、見守られている。



普段のちょっとした声の掛け方、

時間を作って会話をする。



このような積み重ねで安心して業務に取り組んでいけます。



そして、あなたからの思いも根気よく伝えていくことが大事です。



立ち話で「さらっと」伝えるのではなく、

二人だけで仕事に特化した時間を作ることで、

相手に伝わる深さが変わってきます。



表面だけ触れる会話ではなく、

具体的な話が出来る時間を確保していきましょう(^O^)/




■■————————————–

~今日のまとめ~

相手の立場に立つコミュニケーションが求められています。

時間も取られるし、要望だって言われるでしょうが、

ここを疎かにし過ぎると後で大変な目にあいます。

あなたの思いを伝える場と、スタッフからの思いを聞く場、

両者のズレを減らしてながら課題や目標を共有していきましょう!


■■————————————–

最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^-^)

コメントやいいねをしていただけたら、とても嬉しいです!

=================================

やり方は1つだけじゃない!

アクセサリー・アパレル「店長・オーナー」の悩み解決!


~あなたの右腕であり、共に走り続ける~

自分らしさを磨いて結果を出すコーチング&コンサル。

「忙しくて時間がない・・」→「自分の時間を作り出し、結果が出せる」リーダーに!

売場の課題を共に解決し成長するための伴走者。

=================================















スタッフとの個別ミーティーングが必要な理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です