採用したい人物に働いてもらう方法

どうも、松浦です!
 

スタッフ募集の求人を出す時に何が必要だと思いますか?



数名あれば良い方ということも多々あるし、反応が無い・・・

なんてこともあります。



そして、反応があっても欲しい人材とはほど遠いってことも多いです( ̄□ ̄;)!!



その上、面接の時間、書類の審査や返却など多くの時間が割かれてしまいますよね。



じゃー ただ我慢して待てば良いかというとそうではありません。



数撃てば当たるという言葉もありますが、数だけ撃っても仕方ないということも。



なので、



あなたの店で働くことで他の店よりメリットがあることを明確にする。



でも、先ほども書いたようにたくさんの応募が来ても

欲しい人材からかけ離れていることが多々あります。



それを防ぐ為にも募集の時に敷居を少し上げておいた方が良いのです。



例えば、

〇〇経験者

エクセル・ワードの簡単な操作が出来る方

など。




それが無い方は最初から採用する気がないなら、

こういう事を明確にしておいた方が良いです。



そうすると、敷居が高いので誰でも応募とはいかなくなります。



あとは、お店のホームページを見ておいて下さい

みたいな事を書いておくと、

本当に応募したい人は手間を惜しまず見るでしょうし、

足を運ぶかもしれません。



そうやって、自ら敷居を高くすることで本気の方しか応募してこなくなります(^_^)



あとは、応募者にとってのあなたの店で働くメリットを前面に出しておくことは大切です。



応募者が何を求めているかと、そして何が提供出来るかをしっかり考えてみましょう。



採用活動は労力とストレスが掛かってきます。



それを軽減する為に、店に合った人材を揃えているところは

このようなことも行っています。



ついつい応募が多い方が選べる感があって安心しがちですが、

思い切って敷居を上げてみるのも1つの戦略です。




あなたの店で働いて欲しい人材をしっかりと明確にしてみましょう(^O^)/









採用したい人物に働いてもらう方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です