仕事を超えた人間関係を築けるリーダーは、繁盛店が作れる理由

どうも、松浦です!

 
売れている店の店長は、見ていて本当に素を出している人が多いと思います。



叱る時も、落ち込む時も、悔しがる時も、喜ぶ時も本気です。



でも、スタッフに感情的になって怒ったりとかではなく、

あくまでも素の自分を出している感じです。



この表裏のない姿を見てスタッフは信頼を寄せるのです。



今まで見てきた売れている店の店長はほぼこのタイプでした。



「分かりやすく、面倒見の良い人。」



こんな印象でしょうか。



私が見てきた中で一番印象的だったのは、

大事な月に予算が未達だっと時に店長が、

私の目の前で涙を流して悔しがっていました。



こんなにも真剣に取り組んでいたんだな。



本当に悔しかったんだろうなと伝わってきました。


私もそんな姿を見ると、次は絶対に予算を行かせたい。



そして、一緒に喜びたい、こんな悔しい思いをさせたくないと思いました。



逆に予算を達成した時には本当に子どものように喜び、

スタッフと喜びを分かちあっています。



予算達成しているのに、達成していないフリをしてウソをついてきたり笑



やはり、分かりやすい感情表現は周囲を巻き込む力を持っていると思います!



こんな店長から

「今月は売上が厳しいから、みんなの力を貸してほしい」

なんて言われたら、みんなの意識は一気に高まります。



本当に店の空気やスタッフの発言がガラリと変わります!



ここで、あなたに極端な質問をします。



もし、あなたが今月で店を去ることをスタッフに告げたとします。



スタッフは、あなたの為に予算を必死になって達成しようとしてくれますか?



この答えに「YES」と答えれるかどうかは、日ごろのコミュニケーション次第です。



スタッフと上手くやっている店長が辞める時には売上が伸びていました。



それぐらいコミュニケーションが取れ、同じ意識で働いていると

最後の最後までサポートし花道を作ってくれようとします。



あなたもそんな店長になりたいと思いませんか?



店長という立場だけでなく、人としてのコミュニケーション。



店長としての前に、一人の人であることが大切です。



スタッフはもっと頼ってもらいたい、素のあなたを出して欲しいと思っています。



まずは、あなたの背負っている不安などをスタッフと共有してみて下さい。



そうすれば、自然とあなたを応援してくれる仲間が増えていくはずですよ(^-^)/




仕事を超えた人間関係を築けるリーダーは、繁盛店が作れる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です