「私のお店」と想ってくれる顧客作りはコンセプトにあり!

どうも、松浦です!

 

 
お店の活力を高めるためには、

スタッフの自主性を育てる必要があります。



そのポイントとなるのは共感や納得感だと思います。



スタッフが自分達の店だと思える

コンセプトを考えることをしてみてはいかがでしょうか?



あなたが中心になって考えるのではなく、

スタッフに中心となってもらい進めていくのです。



それぞれの任されている仕事や担当に拘らず、

お店全体として考えていくことが大事になります。



お店のおかれている環境や市場の動向などを踏まえながら、

この店には何が大事かを考えていくと良いです。



そして、自分がもう一度行ってみたい店、

気になる店の場所や店名を上げてもらい、

理由や感想などを説明してもらいます。



そうすることで、現在の店とのギャップが見えてきます。



それをピックアップして、深めていくのです。


例えば、

予約

サービス

商品

メニュー

周辺店舗の状況

業界の動向

など

こんな感じでテーマになりそうな項目を決めて更に深めていきます。



これをやることで、大事なのは「気付き」です!



凄いアイデアを求めているのではないのです。



なので、出てきた意見を否定するのではなく、

乗っかってみたり共感したりすることで、

新しい可能性が引き出されます。



そして、最終的には何が売りな店で、誰を狙っていくのかを明確にして

「コンセプト名」を決定します。



ターゲットとするお客様の性別は?

年齢層は?

単身?ファミリー?

などなど。



例えば飲食店なら、

「海の力で心も体も元気にする地域一番店!」

みたいな感じでしょうか。


新鮮な海の幸を使い体に活力を与え、お店の小物も海をイメージした物を使ったり、

サービスで心も元気にする活気ある接客や心配りをする。

と、決めておくとそれに沿ったことに目を向けて取り組んでいけば良いのです(^_^)



お客様の声も勿論大事ですが、伝えたいものを明確に決めて

お客様に共感してもらえるようにしていくことも大事なのです。



全てのお客様に満足してもらおうとすると、いくらお金があっても足りません。



そして、それでは特徴の無い店になってしまうかもしれません。



みんなで作ったコンセプトには、スタッフも愛着があります。



それが、お店全体の力を向上させるキッカケになるのです。



スタッフにとっても、お客様にとっても分かり易い基準があることによって、

必要なサービスや商品やメニューがハッキリします。



なので、お互いが理解し合えているので居心地が良いのです!



顧客を超えた、熱狂的な顧客作りの為にコンセプトを作ってみてください(^O^)/





「私のお店」と想ってくれる顧客作りはコンセプトにあり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です