売れている店は、暇な時でも忙しい振りをする理由

どうも、松浦です!

 


お店を運営していると、暇な日や時間がありますよね。



暇だと不安になりますよね。



「お客さん来てくれるのかなー」

「売上どうしよう・・・」

などなど。



しかし、お客様が1人、2人と入ってこられると、

なぜか混み合いだして手が足りなくなるっていうことがありませんか?



「なんで、さっきまで暇だったのに!

バラバラに来てくれてたら対応出来たのに!」

と言った声が聞こえてきそうです笑



これって、偶然なんでしょうか?



偶然にしては、よく聞くあるあるネタですよね。



それなら、意図的に賑わいを作ってみませんか!



じゃー 何をするかというと、「忙しさを演出」するのです(^_^)v



じゃー 何をしたら良いかというと。


特に急いでいる訳ではないんだけど小走りで動いたり、

1つ1つの動作を機敏にしたりします。



飲食店なら、メニュー表をキレイに拭いたり、箸やフォークなどの補充、掃除をするなど。



服の販売なら、服をたたんだり、ストックをキレイにしたり、ディスプレイを変えるなど。



こういった業務も暇だからといってゆっくりやるのではなく、

あえて時間を区切るなどして忙しさを演出します。



すると、その空気の変化であったり見え方で、

本当に忙しくなることがあります。



これをする時に意識して欲しいのが、外から見たときに

自分達がどう見えているを客観的に考えてみてもらいたいのです!



そうすることで、普段の仕事で見落としていた部分にも意識がいきます。



暇だと不安になったり、体もなまってしまうので

一人でやるのではなく、お店全体でやると楽しいかもしれないですね!



あなたの合図で遊び感覚で忙しい振りやっていると、

お客さんが急に増えるなんてこともおこるかもしれません!



もしかしたら、いつも暇なお店は自分達で暇を生み出しているのかもしれないのです。



そう考えると、恐ろしいですね(>_<)



どうせ同じ時間を過ごすのであれば、

あなたのプラスに考えて動いてみてください!



暇でも忙しい風を装って、あなたの店に活気と賑わいを生み出してください(^O^)/














 

売れている店は、暇な時でも忙しい振りをする理由