売れるスタッフはお客様とプライベートな会話をしている理由

どうも、松浦です!

 


お客様に愛されるスタッフは、お客様のプライベートなこともよく知っています。




「えっ!そんなことまで知っているの?!」ということがあります。



私が聞いて一番びっくりした話は、

お客様の貯金金額まで知っているなんてことも笑



お客様から、「これだけ使えるからその間はお店で買い物するから!」

という会話をしたと聞きました。



これは、極端な例かもしれませんが、

それだけお客様から信頼され心を開いてもらっているのです。



あなたは、普段お客様とどんな会話をしていますか?



たとえば、お客様のご家族の話やお友達のこと。

独身の方であれば、恋愛の話。

仕事をされてる方なら、どんな仕事をされてるのか。

などなど。



時には、お客様の悩みを相談されたり、

グチを聞くなんてこともあると思います。



そんな関係が築けてくると、ふらっと寄ってくれる常連さまになっていきます。



ここで質問です。



あなたが悩みを言えたり、

プライベートな話を遠慮なく言える関係の方、

居場所がどれくらいありますか?



もし、そんな関係を築けている相手がいるとしたら、

あなたはその方にどんな感情を抱きますか?



そんな関係にある方がどれくらいいるでしょうか?



私は、そんな関係を築けている方には、

やはり特別な思いがあります。



おそらく、あなたも同じように思うのじゃないでしょうか?



「店員とお客様」、もっと言うと「売り手と買い手」

文章にすると、対極にあるように感じてしまうかもしれません。



しかし、接客というのはコミュニケーションです。



接客業というのは、「人と人」の関係によって成り立っているのです。



そこを原点にして考えてみて下さい。


決して対極な関係ではありません!



接客業という仕事は「コミュニケーションのプロ」であり、

「人が好き」と言える方なのではないでしょうか。



お客様から、あなたやお店が特別な存在に思われるのは、

短時間で出来ることではありません。



それなりに時間は掛かるでしょう。



来店して1、2回のお客様が最初から特別に思ってくれることはないので、

決して焦らないでくださいね。



まずは、あなたから自分自身の話をしたり、

お客様に関心を持って接してみて下さい(^_^)



自分の話も全然しないのに、あれこれ質問されても

なんか尋問されてるみたいで心が開けないですよね。



そのうち何度も来店されているうちに、打ち解けていきます!



その為にも、来店してもらえるようにしていかないといけません。



しっかり会話をしておいたり、お気遣いをして差し上げることで、

印象に残って次の来店にも繋がります。



これは、小売り店だけでなく飲食店でも同じです。



お見送りやお会計の時、

サービスをしている時のさり気ない一言や気配り。



この積み重ねが来店につながり、信頼関係を築いていくのです。



お客様に愛され、支えられ、感謝される。



そんな関係が出来れば、あなたの店からお客様は離れません。


ちょっと、想像してみてください。



お願いしなくても、

「近くまで来たから寄ったよ!」

「また来るね!」

と、言われるお店。



逆に、

「お近くに来られる時には、ぜひ寄って下さいね。」

「また新作が出たら、ご案内させてください。」

と、お願いをし続けるお店。



表面だけで接していては、本当の「特別な店や特別なあなた」

にはなれません。



ぜひ、あなたから心を開き、一歩踏み込んだ接してみてください(^O^)/

















売れるスタッフはお客様とプライベートな会話をしている理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です