アルバイトが活躍できる店には4つのポイントがある

どうも、松浦です!

 


どんな職場作りをしたら、

アルバイトが活躍出来るようになるかを紹介していきます。



1:
働くスタッフにやる気と活気があり、

一生懸命に働ける環境を作ると宣言する。




どうしてこれが必要かというと、

まずは職場に出勤するのが楽しくなければなりません。



こんなの、今さら宣言するのも恥ずかしいと思うかもしれませんが、

これをスタッフ全員で共有しておくと、

指示したり行動し易くなります。



あとは、スタッフ達も自分の職場を良くしようと、

自発的な発言を促すのも狙いです。



なので、あらかじめ発言もし易くなるように

仕組みも作っておいた方が良いです。



あなたも、宣言したからには努力しないといけないし、

自分だけの考えにこだわってやってると

宣言が逆効果になります。



環境に変化を起こす為の、踏み絵だと思って下さい(^_^)



2:どういう人材と一緒に働きたいかを明確にして面接をする。



アルバイトを面接するにあたっては、

即戦力という側面より、人物評価の側面が大きいです。



どうしてかというと、任せる仕事が社員ほど難しくない、

責任の範囲が小さい等が挙げられます。



なので、人物評価になりやすいです。



じゃー どんな人物が良いかというと、



ズバリ、「素直な性格と責任感」です。



素直であれば教えがいもあるし、

どんどん成長していきます。



責任感があれば、仕事を任せるにも安心ですよね。



なので、重視すべきポイントです。


あとは、職場にあったキャラクターだと思うので、

あなたやスタッフがどんな人となら一緒に頑張っていけるかです。



どんなに能力があっても、一緒に働きたくないと思うような

人材が増えると職場の空気も悪くなります。




3:その中から出来るスタッフを選抜し、育成を強化する。


採用してからしばらく様子を見ていると、

適正や能力、人柄なども分かってきます。



その中で、この人は良いなと思える人を選んで下さい。


面接で採用しても、全員が同じようにはいかないですよね。


普通のアルバイに任せる内容だけでなく、

更に高いレベルの仕事を教えたり、研修をして上げて下さい。




4:優秀なアルバイトスタッフにはアルバイトをまとめ役になってもらう。



最終的にはアルバイトリーダーに任命し、

あなたがアルバイを教育していた内容を、

任せれるようになるのが目標です。



そうすれば、あなたの仕事の負担も減るし、

任せられたスタッフは責任を持って仕事をしていると思いませんか?


しっかりと、どういうスタッフを育て、

環境をを作るかを明確にするとプロセスが分かります。



おおまかに、4点のポイントを紹介しました。



アルバイトは正社員に比べて、最初は教育にも時間が掛かると思います。



それを踏まえた上で、

今、何をすると将来が変わるかを考え行動に移してみて下さい(^-^)/

アルバイトが活躍できる店には4つのポイントがある