あいまいな商品知識では自信を持って接客できません!

どうも、松浦です!


今日は、商品知識を身に付ける意味についてお話します!

早速、例から入っていきたいと思います。


飲食店ならトマトは〇〇産で生産でこんな苦労があって、だから凄く美味しいですよ!


アクセサリーなら、この石の名前の由来は〇〇で、

身に着けるとこんな効果があると言われているんですよ!


などなど。


こんな感じで、説明すると お客様も商品に物語を感じませんか?


そうなると、お客様の頭の中でどんどんイメージが膨らんでくるので購入に繋がり易くなりますo(^-^)o

 


ただ、新入の人に商品知識覚えて下さい、と言ってもなかなか覚えてないことが多いんです。

 


実際、覚えるのは大変だと思います。

 


でも、それを理由にいつまで経っても覚えてなかったり、
もう新人でも無いのに知識が全然身についてない人。



知識が少ないから接客にも自信が持てないし、積極的なアプローチも出来ないですよね(T_T)



なぜこんな事が起こるかというと、覚えてくることによって得られる効果が分かってないからかもしれませんね。



お客様は、やはりキチンとした商品説明が出来る人から買いたいんです。



自分に置き換えてみても、そうじゃないですかね?


先日、カバンを見ていたら、

商品知識がバッチリな方に接客されました。



この店員さんは、カバンが好きで好きで仕方ないみたいです笑



生地の事から、作り、パーツ、そして今まで自分が沢山の

カバンを使ってきた中での経験談。



なんか、どんどん引き込まれていくので買いたくなりました。



特にカバンが欲しかった訳ではないので買わなかったですけど、

買う気でウロウロしていたら買ってたかもしれません笑



それぐらい、説得力がありました!



せっかく買うなら、納得した買い物をしたいし、

それ以上に買って良かったっと思いたいですよね!


どうせ同じ時間、働くなら1日でも早く楽しく働けるようになり、

たくさんのお客様に喜んでもらいましょう(^O^)/

あいまいな商品知識では自信を持って接客できません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です