人材マネジメントをするなら必ず「ありがとう」を口ぐせに!

どうも、松浦です!

 


あなたはスタッフにいつも

「ありがとう」という言葉を伝えていますか?



「たまには言ってるよ」

「要所要所では」

とかっていう方が意外と多いんじゃないでしょうか?




作業を手伝ってもらったり、

知らない内に何かしてくれていたり、

一生懸命に考えてくれていたり行動してくれた時。



つい当たり前になってしまっていたり、

言いたいと思っても言葉に出ていなかったり、

言わなくても分かってくれてるだろうし等。



せっかく「ありがとう」という気持ちを持っていても

伝わっていないと勿体ないですよね。



「ありがとう」は魔法のように力がある言葉なんです!



スタッフはみんな、

褒められたい、認められたい、チームの一員として思われたい。



そんな気持ちを持っているんです。



この欲求はスタッフに限らず、みなさん誰もが抱く気持ちです。



これを「承認欲求」といったりします。



気に掛けてもらえてる、

感謝してくれている、

頑張ったことを褒めてもらえた。



この欲求が満たされることで、

もっと頑張ろう!

何か貢献出来ることはないかな!

みんなに喜んでもらいたい!

と、いつしか自発的に動く原動力になっています(^_^)



もし何をやっても「ありがとう」も言ってもらえない、

声もあまり掛けられない。



あなたが逆の立場だったら、どんな気持ちがしますか??

ちょっと考えてみて下さい。



私だったら、自分のことは気に掛けてないのかなと

思ってしまうかもしれません。



こんな気持ちをいつも感じさせてしまうと、

仕事に対して意欲が上がらないでしょうね。



だから、「ありがとう」を必ず言うのです(^_^)



言い過ぎと思うかもしれないですが、

1つ1つの行動に感謝の気持ちを伝えることが大事です。



売れているお店は こういうことが

意識しなくても自然と出来ています。




今日は「ありがとう」を何度、口にしましたか?

あなたは、スタッフの行動に意識がいってますか?

してもらうことが当たり前になっていませんか?



もし自発的に動いてくれてなければ、

もしかしたら・・・

あなたが、それをやることになって

バタバタしていたかもしれないのです。



そう考えたら、感謝の気持ちが湧いてきますよね!



「私のことをいつも気に掛けていてくれている」



そんな風にスタッフに思われる店長は、

売れるお店を作っているんです!



自分だったら何をしてもらった時に嬉しいか、

嬉しかったかを考えたら自然と感謝の気持ちが

伝えれるようになります。



私がそうでしたから。



あんまり気付かない方だったので、

意識するようにしました。



昔は、女の子が重い荷物を持っていても

気付かずにほったらかしだったりしましたから笑




あなたのお店も「ありがとう」を必ず伝える習慣で、

ガラリと変わりますよ(^-^)/

人材マネジメントをするなら必ず「ありがとう」を口ぐせに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です